So-net無料ブログ作成

今日で半年経ちました。

*****************************
≪10、11月の休業日≫ 定休日:水、日曜日、祝日
10月2日(日)、5日(水)、9日(日)、10日(月・祝)、12日(水)、16日(日)、19日(水)、23日(日)、26日(水)、30日(日)
 11月2日(水)、3日(木・祝)、6日(日)、9日(水)、13日(日)、16日(水)、20日(日)、23日(水・祝)、27日(日)、30日(水) 
*****************************
4月に相談室を開いて今日で半年が経ちました。
早いものです。

相談員が一人だと、「一人で大変ですね」としばしば言っていただけます。
でも、私はおめでたいのか何なのか、
一人と感じていないのです。
まずは、相談にいらっしゃる方と少なくとも二人と思っています。
それがまだ小さな子どもでも、心を痛めているお母様でも、
その方の生きる力を信じています。

それから、その方に関わっていらっしゃる方たちの力も感じます。
ご家族、お友だち、
学校の先生、スクールカウンセラー、
かかりつけの医師、保健師、療育の専門家…、
相談にいたした方のご報告からその方たちの姿が見えてきます。
温かく、賢明で、力強い姿が。
そして、私の気持ちとその方たちの気持ちとがつながっているように感じます。

また、仕事に関わる本を読んでも一人ではないと感じます。
豊かな経験と並々ならぬ熱意を持った方の書かれた本は大変尊いものです。
疑問に感じていたことの答えが見つけられたり、
自分と同じ思いに励まされたり、
新鮮な視点を提示されたりします。


相談室は小さいですが、
これからも多くの方たちと関わりながら、
自分にできることを一つ一つやっていこうと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。



共通テーマ:日記・雑感

お母さんって損!?

*****************************
≪10、11月の休業日≫ 定休日:水、日曜日、祝日
10月2日(日)、5日(水)、9日(日)、10日(月・祝)、12日(水)、16日(日)、19日(水)、23日(日)、26日(水)、30日(日) 11月2日(水)、3日(木・祝)、6日(日)、9日(水)、13日(日)、16日(水)、20日(日)、23日(水・祝)、27日(日)、30日(水) 
*****************************
お父さんに対するときとお母さんに対するとき、 
明らかに態度が違うお子さんっていますよね。
往々にして、お父さんといるときは言うことを良く聞いてピシッとしているのに、
お母さんの言うことは聞かず、何でもやってもらいたがり、
だらだら、ぐずぐずしたり、かんしゃくを起したり …。
普段一緒にいて誰よりも面倒を見ているのがお母さんなのに、
(お父さんばっかり楽しているようで、ずるい!)と
感じるお母さんもいらっしゃるのではないでしょうか?
私も常々このことを不思議に思い、お母さんって損な役回りなのかなぁ、
やりきれないだろうなぁと思っていました。

理由の一つは、お父さんの指示の出し方が分かりやすいということがあります。
「靴はきなさい」、「背中伸ばして」、
短く具体的です。
でも、お母さんの場合は、一緒に居過ぎてうんざりしていることもあるためか、
「何やってんの? もう、どうしてそういうことするの?」、
「だから、いつも言ってるでしょ、ほら、ちゃんとやりなさい」と、
感情的になりやるべきことが明確でなくなってしまうことがあります。

ただし、これだけでは説明がつきません。
上手に指示を出しているようなお母さんでも、
やっぱり、お父さんといるときの方が、
子どもの気持ちが安定しているように見られる場合があります。

理由はひとつではないと思いますが、最近気づいたことがあります。
相談室に通っている女の子で、
お母さんに対して怒っていることが多い子がいます。
中でも、お母さんとちょっとぶつかったり、
お母さんの持ち物が当たったりして、
「痛い!」、「ぶつかった!」と、
いつまでも延々と怒っている ことが多いとのことです。
その子が様々なことにとても敏感であることに気づきました。

インターホンの音量が前回より少し小さくなっていること、
ホワイトボードにうっすらと前回の消し跡が残っていることなど、
一般には気づきづらいことでも、
「あ、音小さくなってる」、「前の字が見える」と反応します。
恐らく、もっと幼い頃からそうだったのでしょうが、
成長して言葉で的確に表現できるようになったので、
それがわかってきました。 

細かい違いに気づくことは、ときには有用ですが、
「選択的注意が苦手」という言い方もできます。
私たちの周りには、視覚的にも、聴覚的にも、様々な刺激で満ち溢れています。
私たちは無意識のうちに、自分にとって大事な刺激に反応し、
そうではないものを受け流しています。これが「選択的注意」です。 
 必要のない刺激にいちいち反応せず、スムーズに日常生活を送るための機能です。

この子の場合、お母さんとぶつかったことや、お母さんの持ち物が当たったことに、
はっきりと注意が向いてしまうのでしょう。
お母さんと一緒にいることが多いので、
他の人と比べてそのようなことが起きやすいのだと思います。 
そのときは、実際に痛いくらい強く感じているのでしょう。

しかし、当然ながらお母さんにとっては、
(そうだったかなぁ)、(そんなことくらいで、大げさな…)という感じですから、
「え?ぶつかった?」、「はいはい、ごめんね」といった反応になっていることでしょう。
本人にしてみれば、自分が感じたことに見合った反応ではないので、
(痛かったのに!)、( 軽く扱われた!)と不満が生じ、
いつまでも期待通りの反応を引き出そうとし続けてしまうのではないでしょうか。 

このような場合は、 本人の感じ方を汲み取って、
「痛かったね、 ごめんね。」と言って差し上げるのが良いかと思います。
抵抗あるかもしれませんが…これで執拗な恨み言から逃れられるかもしれません。
実行してみていただきたいです!

共通テーマ:日記・雑感

特別支援学級の授業公開日

*****************************
≪9、10月の休業日≫ 定休日:水、日曜日、祝日

10月2日(日)、5日(水)、9日(日)、10日(月・祝)、12日(水)、16日(日)、19日(水)、23日(日)、26日(水)、30日(日)
*****************************
親御さんにとってお子さんの学校選び、学級選びは難しい問題です。
どのように選んだら良いかアドバイスを求められることもあります。
基本は、親御さん、ご本人ともに実際に学校や学級を見学していただき、
ご本人が安定した気持ちで学習に取り組めるところが良いと思います。
ただ、私自身が実際の学級や先生方について全く知らないというのも
頼りない感じがします。
本日は、宇津木台小学校の学校公開日でしたので、
午前中、見学させていただいてきました。

特別支援学級の「すぎの子」は全員で20名になっており、
8名で1学級を編成するため3学級あると思われます。
「すぎの子」の教室は1組から4組まで4つあり、
1教室を数人で使用していたので、
とても空間が広く感じられました。
そのためか、生徒さんたちは心穏やかに学習しているように見受けられました。

今後も八王子市内の小中学校をできるだけ見学させていただき、
雰囲気だけでもつかんで、
親御さんへの助言に役立てたいと思っています。




共通テーマ:学校

わくわくの「中学生と遊ぼう!」に参加

*****************************
≪9、10月の休業日≫ 定休日:水、日曜日、祝日

9月28日(水)
10月2日(日)、5日(水)、9日(日)、10日(月・祝)、12日(水)、16日(日)、19日(水)、23日(日)、26日(水)、30日(日)
*****************************
本日、相談室はお休みですが、
せいがの森保育園子育てセンターわくわくの「中学生と遊ぼう!」に
参加してまいりました。
会場は松木中学校の武道館で、時間は10時30分~11時45分です。
十数組のお母さん、お子さんたちがいらっしゃいました。

中学生のお姉さん、お兄さんたちは、
まだはいはいだったりよちよち歩きだったりの小さなお子さんたちに
最初は戸惑い気味でした。
でも、あまりの可愛らしさに自然に笑顔になり、
だっこしたり、一緒に遊んだりして打ち解けていきました。

きょうだいが少なくなって4~50年経つでしょうか。
地域の中での関わりも薄くなって、
小さな子どもと接する機会が少なくなった今、
中学生の方たちはとても貴重な体験をされたと思います。

お昼が近くなり、眠くなってぐずってしまう子もいましたが、
お母さんたちは流石です!
脚の上ですべらせて「すべり台」をさせたり、
身体をぶるぶると揺すってあげたり、
道具を使わなくても子どもの機嫌を立て直していらっしゃいました。
どんなことをすると喜ぶのか、良くわかっていらっしゃいますよね。

一人のお母さんが、
「どちらかというと子どもには関心がなかったけれど、
子どもが生まれてから気持ちが変わった。
上手な扱いもそれからできるようになった」
というお話をされ、生徒さんたちは興味深く聞いていました。
人は立場が変わることで気持ちも変わり、
必要なスキルも身についていくのですね。

可愛らしいお子さんたち、
一生懸命子育てをされているお母さんたちと触れ合って、
微力ながら(私も力になりたい)という思いを新たにしました。
生徒さんたちがどんな思いを持たれたのか、
機会があれば聞いてみたいです。




共通テーマ:地域

今日の女の子グループ [レクリエーション]

*****************************
≪9、10月の休業日≫ 定休日:水、日曜日、祝日

9月28日(水)
10月2日(日)、5日(水)、9日(日)、10日(月・祝)、12日(水)、16日(日)、19日(水)、23日(日)、26日(水)、30日(日)
*****************************
今日の女の子グループは、
今後半年間の活動計画を立て、
レクリエーションでフェイクのスイーツ作りをしました。

女の子たちは来年高校生になります。
出会ったばかりの頃を思うと、
声を掛けても黙り込んでしまっていたり、
活動の途中で部屋の外に出てしまったりといったことがありましたが、
今ではすっかり和やかな雰囲気で
雑談を楽しむことができるようになりました。
私も含め、お互いについてわかることが多くなってきて、
話題にも事欠きません。

安心できる場所で、一つずつ、できることを増やしいってくれると良いなと思います。
創作活動はスキルの向上というよりも
楽しい気持ちでいられるためのレクリエーションですが、
こういった細かい作業も、ずいぶん上手になったなあと感じます。

これからも、二人の成長を間近で見られることをうれしく思っています!

160928フェイクスイーツ.jpg






共通テーマ:日記・雑感

現場で生かせる保育ソーシャルワークの本 [本の紹介]

≪9、10月の休業日≫ 定休日:水、日曜日、祝日

9月28日(水)
10月2日(日)、5日(水)、9日(日)、10日(月・祝)、12日(水)、16日(日)、19日(水)、23日(日)、26日(水)、30日(日)
*****************************

永野典詞・岸本元気『保育士・幼稚園教諭のための保護者支援~保育ソーシャルワークで学ぶ相談支援』(2014年)風鳴舎

 地域の求心力が弱まり核家族化が進むという子育て環境の変化に対応して、「保育所保育指針」には「保護者支援」が盛り込まれ、保育の専門家に保護者支援、子育て支援が求められるようになりました。そうは言っても、現場の保育士さん、幼稚園の先生方は、目の前のお母さん、お父さんたちに対して具体的にどうすれば良いのか、難しく感じていらっしゃる方も少なくないと思います。
 この本は、保育者向けに書かれた、ソーシャルワークの考え方、技法を活用した保護者支援についての本で、保護者支援の一つのあり方を提案、解説しています。保育者がソーシャルワーカーになるということはなく、ソーシャルワークを理解した保育者を目指しましょうというものです。

 ソーシャルワークとは、困りごとを抱えた人がそれを解決できるようにするために、様々な資源(人、物、機関など)をつなぐ活動のことです。ソーシャルワークを行う人は、全ての人を平等に尊重し、支援に必要な専門的知識と技術を持ってこれに当たります。
 保護者に対して、潜在的なニーズを探る、あくまでも個別性を大切にして向き合う、現在だけでなく将来に対するの不安も視野に入れる、取り巻く人々、環境についても目を配るなどといったことが勧められており、一見すると(そこまで手を広げるのは大変)、(その場の対応に追われているのにさらにやることが増える)と感じるかもしれません。
 しかし、場当たり的な対応では触れられなかった点に作用することで、いつまでたっても変わらなかった保護者との間のギクシャクした感じ、距離感があり過ぎる感じなどが改善され、保護者の子どもの状態も含め物事全体が良い方向に流れていく可能性があります。今まで良かれと思ってやっていたことが実は逆効果だったという発見もあると思います。

 見やすいイラストと端的な短い文で構成され、短時間で目を通すこともできますが、内容は深く濃く、何度も読み返したくなる本です。

 

共通テーマ:

蒸し暑かったですね。

≪9、10月の休業日≫ 定休日:水、日曜日、祝日

9月28日(水)
10月2日(日)、5日(水)、9日(日)、10日(月・祝)、12日(水)、16日(日)、19日(水)、23日(日)、26日(水)、30日(日)
*****************************
9月も後半に入り涼しくなったかと思ったら、今日は蒸し暑く、
明日からもしばらく気温が高い日が続くようですね。
この気温変化に身体を合わせづらい方もいることと思います。
また、咳が続く嫌な風邪も流行っているようです。
外出から帰ったら、うがい、手洗いを忘れないようにして、
十分な睡眠、バランスの良い食事を心がけたいですね。

共通テーマ:日記・雑感

発達障害関連の講座 [講演会・研修会等お知らせ]

≪9、10月の休業日≫ 定休日:水、日曜日、祝日

9月25日(日)、28日(水)
10月2日(日)、5日(水)、9日(日)、10日(月・祝)、12日(水)、16日(日)、19日(水)、23日(日)、26日(水)、30日(日)
*****************************
田口教育研究所主催、発達障害関連の講座のお知らせです。

●子どもの心を育てる「音と色」を取り入れた療育
~発達障がいの特性に合わせて音楽やアートを取り入れる~
・日時:10月8日(土)13:30~16:30
・講師:井上聡子(NPO法人 発達わんぱく会 音楽療法士)
・会場:港勤労福祉会館(JR田町駅から徒歩5分/三田線浅草線三田駅A7から徒歩1分)
・参加費:4,000円
・定員:80名

●子どもの強みを育てる発達支援
~子どもを中心にした関わり方の工夫~
・日時:10月29日(土)
・講師:池田準(東京未来大学こどもみらい園 講師)
・会場:港勤労福祉会館(JR田町駅から徒歩5分/三田線浅草線三田駅A7から徒歩1分)
・参加費:4,000円
・定員:80名

お問い合わせ、お申し込みはいずれも次の通りです。
田口教育研究所 TEL:045-560-3721 FAX:045‐563‐5782
http://www.taguchiken.com


160923チラシ.jpg

共通テーマ:資格・学び

「てらしばカフェ」に参加

≪9、10月の休業日≫ 定休日:水、日曜日、祝日

21日(水)、22日(木、祝)、25日(日)、28日(水)
10月2日(日)、5日(水)、9日(日)、10日(月・祝)、12日(水)、16日(日)、19日(水)、23日(日)、26日(水)、30日(日)
*****************************
本日、相談室はお休みですが、
子育てセンター「わくわく」で行っている「てらしばカフェ」に
参加してまいりました。
本日は、約10組の、地域のお母さん・お子さんが参加され、
おもちゃ遊びをしたり、お茶を飲んだり、お弁当を食べたり、
賑やかに、そしてまったりと過ごしました。

一番小さい子は6か月の女の子で、
「だっこしてみると、女の子は男の子と違うね~、
男の子はしっかりした感じだけど、やわらかいね~」
「触った感じがやさしいね~」などといった会話が、
お母さん、スタッフたちの間で弾みました。

到着してすぐに活発に遊ぶ子、
帰る頃になってようやく元気が出る子、
走り回るのが好きな子、
座っておもちゃで遊び続ける子など、
本当に一人ひとり個性があります。

大人にとっては「こんなタイプの子もいるんだな」
と実感できる場ですが、
子どもたちも知らず知らずのうちに自分とは違うタイプの子と接します。
小さいうちからこういった体験を積むことが、
(いろんな人っているものだ)という感覚を持てたり、
相手のタイプに合わせて行動するスキルを育てることにつながるのでしょうね。

子どもたちには、個性を持ちつつ成長して、
お互いに補い合い、折り合いをつけて、
幸せな人生を歩んで行ってほしいです。

今日は、お母さん、お子さんたちのたくさんの笑顔に出会え、
心ほころんだ日となりました。


共通テーマ:地域

台風が心配ですね

*****************************
≪9、10月の休業日≫ 定休日:水、日曜日、祝日

21日(水)、22日(木、祝)、25日(日)、28日(水)
10月2日(日)、5日(水)、9日(日)、10日(月・祝)、12日(水)、16日(日)、19日(水)、23日(日)、26日(水)、30日(日)
*****************************
今年の台風は今までにない動きをしたり、
被害が大きかったりと心配ですね。
天気予報では、
関東は21日の深夜に雨風がひどくなるらしいですね。
皆さま、十分お気を付けください。

相談室は、明日が水曜日、明後日が祝日と2連休になります。
次の営業は23日(金)になりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。




共通テーマ:日記・雑感