So-net無料ブログ作成

チックに関する本 [本の紹介]

****************************
≪8月の休業日≫ 定休日:水、日曜日、祝日 定休日以外の休みは赤字です。
8月11日(金・祝)~16日(水)、20日(日)、23日(水)、27日(日)、30日(水)
*****************************
≪8・9月のセミナーの予定≫
8月19日(土)13:30~15:00「チャレンジする力について」(残り3名)
8月24日(木)10:30~12:00「ABAの基礎(5)」(残り4名)
[NEW]9月14日(木)10:30~12:00「子どもの感情と行動のコントロール(1) 発達障害と愛着障害」
[NEW]9月16日(土)13:30~15:00「子どもの感情と行動のコントロール(1) 発達障害と愛着障害」
[NEW]9月28日(木)10:30~12:00「お母さんのストレスマネージメント(1)」
*****************************
日本トゥレット(チック)協会編『チックをする子にはわけがある トゥレット症候群の正しい理解と対応のために』(2003年)大月書店

170810本.jpg



まばたき、咳払い、顔をしかめる、「アッ、アッ」と声が出るなど、
お子さんのチックが気になっている方、
お子さんの心に何か問題があると心配されてはいませんか?

チックとは、突然起こる反復的な不随意の運動で、
一定の期間続いているものです。
かつては心因性と言われることもありましたが、
生物学的な要因が基礎にあることがわかってきました。
特に、脳内の神経伝達物質ドーパミンの分泌が深く関わっています。

ドーパミン神経系は大人よりも子どもの方が活発にはたらいており、
一般的に10歳頃から急激にはたらきが低下し、
15歳くらいには低下の度合いが弱まってきて、
20歳後半には一定程度に落ち着いてくるようです。

この不活発になる時期が通常よりも早く始まってしまう子どもたちがいます。
そのはたらきの低下を補うために「ドーパミン受容体」が過敏になり、
それに伴って不随意の運動が起きてしまうとのことで、
それがチックの正体のようです。
これは、多くの場合6~7歳頃から発症し、
15歳を過ぎると収まってくるチックの現状とも整合性があります。

この本では、チックの種類、チックが起こるしくみ、
チックに併発しやすいこと、
サポートの仕方、診断や治療法などがわかりやすく説明されています。
「自分の接し方が悪くてストレスをかけてしまっているのでは…」と
お悩みの親御さんが、前向きにお子さんと関われるようになる
内容だと思います。

*******************************

明日から8月16日(水)まで夏期休暇とさせていただきます。

9月以降の「お母さんのためのセミナー」の日程を決めました。
チラシは休暇明けに掲載いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。



共通テーマ:日記・雑感